*

「空白を満たしなさい」 平野 啓一郎 著

えー、二日間掛かって読み終わりました。

最近はこういう本でも図書館で借りられるんですね。そういう発想が無かったもんで、いつも amazon.co.jp とかで中古本買って読んでました。しかしこの本、大人気だったので、84人くらい予約待ちしてまして、やっと借りられましたよ。世田谷区の梅が丘図書館で借りたんですが、ネットで予約出来るし、用意が出来たらメールで知らせてくれるし、素晴らしいシステムですね。これからも活用しようと思います。

空白を満たしなさい」 平野 啓一郎 著です。
DSCF5067

基本的に長編小説なんですけど、自己啓発の匂いも残しーの、スピリチャルな一面もある実験的な本です。平野 啓一郎氏、だてに芥川賞作家じゃないですね。

「分人」という聞き慣れない表現や、小難しい箇所も多々有りますが、最後まで読み込ませる筆力はさすがです。生死に関して奇麗ごとばかりじゃないのも、最近の自己啓発本と違ってインパクトありますね。「裏自己啓発本」、「黒い自己啓発本」って感じでしょうか。

自殺した主人公は36歳で、彼の父親も36歳で亡くなってるんですけど、実際、著者の父親も36歳で亡くなってて、実は私の父親も36歳で亡くなってるんですよね。そこらへんも気になって読んでみたくなったんですけど、きっかけは、本の内容紹介でピンと来たからなんです。

内容紹介を載っけておくんで、ピンと来た方は是非読んでみてください。

世界各地で、死んだ人間がよみがえる「復生者」のニュースが報じられていた。生き返った彼らを、家族は、職場は、受け入れるのか。土屋徹生は36歳。3年前に自殺したサラリーマン、復生者の一人だ。自分は、なぜ死んだのか? 自らの死の理由を追い求める中で、彼は人が生きる意味、死んでいく意味を知る。私たちは、ひとりでは決してない。新たな死生観を描いて感動を呼ぶ傑作長編小説。

関連記事

「地下鉄のギタリスト 完全版」進行状況。

えー、私ごときが「情報解禁!」なんてのたまうのは、大変おこがましいので...

記事を読む

本日発売のMONOマガジン「YAMAHA特集」に土門氏がっ!

えー、YAMAHAの回し者では、ございません(笑)。 ...

記事を読む

拙著「地下鉄のギタリスト」紙本で読める場所。

えー、拙著「地下鉄のギタリスト Busking in London」、...

記事を読む

月刊Goods Press10月号に土門氏インタヴュー掲載。

えー、人間どこでどう繋がるかわかりませんね。数年前受けたノーギャラの演...

記事を読む

地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編。

えー、ご存知の方もいると思いますが、拙著「地下鉄のギタリスト Busk...

記事を読む

新着記事

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

記事を読む

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

記事を読む

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

記事を読む

孤高のBGMニスト 信条。

えー、や乃家ソロギター生BGM、7月前半は、こんな感じです。 ...

記事を読む

本日は、戊辰戦争「清川口の戦い」を巡るツアー。

えー、キャンセル待ちでしたけど、結局参加できました。というか、先月清川...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. まさか自分がするわけがない!
    という人まで、自殺する可能性がある。
    そう、自殺は誰にでも起こりうる、ある意味身近な「事故」なんだな。
    と言う事を気づかされました。

    難しいテーマを扱ってますが、読みやすい本でした。

  2. 途中くじけそうになりましたが、最後の展開が知りたくて、何とか読み切りました。最後の畳み込みは、引き込まれましたね。




管理人にのみ公開されます

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

孤高のBGMニスト 信条。

えー、や乃家ソロギター生BGM、7月前半は、こんな感じです。 ...

本日は、戊辰戦争「清川口の戦い」を巡るツアー。

えー、キャンセル待ちでしたけど、結局参加できました。というか、先月清川...

→もっと見る

PAGE TOP ↑