*

お待たせ! Taylor 912c 1990’s の詳細。

えー、誰も待ってないと思いますが、先日、繰り上げ落札で入手した「Taylor 912c 1990’s」の詳細です。

DSCF5193

まずは、ヘッド部です。
DSCF5184

ヘッド裏です。
DSCF5204
Taylorの初期型の上位機種は、グローバー社のゴールド・ペグですね。最近の「レレレのおじさんの耳」みたいなペグはいただけませんな(苦笑)。

あ、これが「レレレのおじさんの耳」みたいなペグです。
RERERE

トップ材は、最高級のイングルマン・スプルースです。目の詰まった、惚れ惚れする材ですね。
DSCF5194

バックは、最高級のインディアン・ローズウッドです。この個体は、ハカランダのような木目ですね。
DSCF5190

ネックですが、最近のTaylorにあるような継ぎはぎではありません。一本竿です。
DSCF5185

テイル部も接ぎ木は、ありませんね。
DSCF5186

弦高は、ビビらないギリギリまで詰められています。何本もの良いギターを見て、弾いてきましたが、この調整はトップクラスです。
DSCF5182
DSCF5180
DSCF5181

ピンは弧を描いてます。最近の912、914は、直線です。
DSCF5197
サドルは、おそらく象牙ですね。

通称「Cindy」と呼ばれているインレイです。
DSCF5198
これが欲しかったんです。美しいですね。

ストラップピンは、ここに付いてます。
DSCF5205

ネックの下に電池が入ってますが、PUは見当たりませんでした。おそらく、鳴りが悪くなったので外したんでしょう。
DSCF5179

サウンドホール付近にラベルは張ってありません、ボディ奥のネックポケットあたりに張ってあります。
DSCF5207

初期型ケース付属です。
DSCF5211
DSCF5210

おそらく、NTネック、UV塗装以前の個体だと思います。音は、まろやかで、サスティーンの効いた、リバーブ感あふれる感じです。ストロークもしたいため、今の所、ライトゲージを半音下げチューニングにしてますが、フィンガー用にカスタムライト(011〜)のゲージも試したいと思っています。

Taylor ギターポリッシュ 80901 Guitar Polish
Taylor
売り上げランキング: 4,976

究極の自己満足に、おつきあいありがとうございました(笑)。

関連記事

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

自作?! テレバーガー。

えー、以前、テレッチとか、テレVとか紹介しましたが、今回は、これです。...

記事を読む

てれっち(Teletsch )です!

えー、ということで、ねづっち、ではなく、てれっちです(笑)。 ...

記事を読む

これは可愛い! Tapa Market by Jersey Girl Homemade Guitars

えー、このブランドは知りませんでしたね。1991年に立ち上げみたいなの...

記事を読む

新着記事

4月前半スケジュール。

えー、そういうことで、三鷹や乃家「孤高のBGMニスト」4月前半スケジュ...

記事を読む

3月後半スケジュール。

えー、そういうことで、酒田凱旋ライブとか行ってたんで、3月後半「孤高の...

記事を読む

故郷凱旋! 酒田持地院さんで『地下鉄のギタリスト・土門秀明スプリングコンサート』終了。

えー、そういうことで、強行スケジュールだった酒田でのコンサートも終わっ...

記事を読む

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. イヤイヤ、この自己満足が読みたくてブログを毎日チェックしてます(^-^)

  2. ありがとうございます。ますますマニアックにいってみようと思います!




管理人にのみ公開されます

4月前半スケジュール。

えー、そういうことで、三鷹や乃家「孤高のBGMニスト」4月前半スケジュ...

3月後半スケジュール。

えー、そういうことで、酒田凱旋ライブとか行ってたんで、3月後半「孤高の...

故郷凱旋! 酒田持地院さんで『地下鉄のギタリスト・土門秀明スプリングコンサート』終了。

えー、そういうことで、強行スケジュールだった酒田でのコンサートも終わっ...

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

→もっと見る

PAGE TOP ↑