*

エドガー・ケイシー文庫001「音楽療法 Music as the bridge」

えー、音楽療法関係の本を購入しました。

これです。
DSCF5062

エドガー・ケイシー文庫001「音楽療法 Music as the bridge」です。エドガー・ケイシーは知ってる人多いと思いますけど、簡単に言うと、予言者というか、心霊診断家というか、リーディングと呼ばれる「催眠状態における情報の引き出し」による業績が有名な方です。

こんな人。
Cayce_1910

ま、オカルトちっくに捉える人もいるかもしれませんが、まずは自分が興味ある分野、人物から攻めていきたいと思います。

「Music as the bridge」と副題にあるように(英題ではこっちがメインでしょうが)、直訳すれば、「架け橋としての音楽」ということです。つまり、音楽を使って、病気を治したり、精神を安定させたりする療法について書かれてます。

要約すると「音楽は人体の原子構造に漲(みなぎ)る力を与える」と述べています。つまり、音楽を学ぶことにより、体内の細胞を健康に保たせる良い波動が、そこに起きてくる」ということらしいです。

巻末に「テーマ別 音楽の効果」ということで、細かく曲指定までされてます。

例えば、

憂鬱症、心配性の人には、
ドヴォルザーク「交響曲第8番」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲」

肉体の活性化には、
シューベルト「ミリテイア行進曲」
メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」

など、

しかしながら読み進めていくと、音楽療法にとどまらない広い範囲の音楽的知識が書かれています。音楽の勉強と思って読んでも面白い本だと思います。

2013/08/04 | 書籍関係

関連記事

本日の山形新聞社会面トップに拙著が掲載。

えー、そういう事で告知ばっかで申し訳ないですが、こういう事って重なるも...

記事を読む

【祝】出版記念ツアー 第一弾終了。

えー、ということで、9/9の故郷酒田凱旋公演をもって、一応、第一弾終了...

記事を読む

「地下鉄のギタリスト 完全版」進行状況。

えー、私ごときが「情報解禁!」なんてのたまうのは、大変おこがましいので...

記事を読む

本日発売のMONOマガジン「YAMAHA特集」に土門氏がっ!

えー、YAMAHAの回し者では、ございません(笑)。 ...

記事を読む

拙著「地下鉄のギタリスト」紙本で読める場所。

えー、拙著「地下鉄のギタリスト Busking in London」、...

記事を読む

新着記事

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

2月前半スケジュール。

えー、そういうことで、2月前半スケジュールですが、演奏は、三鷹や乃家だ...

記事を読む

自作?! テレバーガー。

えー、以前、テレッチとか、テレVとか紹介しましたが、今回は、これです。...

記事を読む

Save London Underground Buskers From Advertising Takeover.

えー、ということで、ロンドンも世知辛くなってきましたね。簡単にに言うと...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

2月前半スケジュール。

えー、そういうことで、2月前半スケジュールですが、演奏は、三鷹や乃家だ...

自作?! テレバーガー。

えー、以前、テレッチとか、テレVとか紹介しましたが、今回は、これです。...

Save London Underground Buskers From Advertising Takeover.

えー、ということで、ロンドンも世知辛くなってきましたね。簡単にに言うと...

→もっと見る

PAGE TOP ↑