益田氏ニューアルバム「I Feel Fine」完成。 | ブログ | 地下鉄のギタリスト 復活編 〜ギターその愛〜

*

益田氏ニューアルバム「I Feel Fine」完成。

えー、YouTubeでビートルズを弾かせたら世界一の、盟友peacejoytown益田氏が、ニューアルバム「I Feel Fine」を完成させました。

DSCF5745

今回は、十八番でもあるビートルズのカヴァー集となっており、ビートルマニアも狂喜乱舞のラインナップになっております。

収録曲

1、I Feel Fine
2、The Fool On The Hill
3、I Am The Walrus
4、Honey Pie
5、Martha My Dear
6、Revolution
7、Oh! Darling
8、Ob-La-Di, Ob-La-Da
9、A Day In The Life
10、The Long And Winding Road
11、Back In The USSR
12、Love
13、London Town
14、All Things Must Pass

独断と偏見ではありますが、益田氏の素晴らしい所は、オリジナルの雰囲気を重視しながらも、マイペースでひょうひょうと弾き切る所だと思います。気負わず、リラックスした感じ。そして音的には、香ばしい、クリスピーとでも申しましょうか、どこか牧歌的なサウンドが魅力的であります。

今回のCDで特筆する点は、ビートルズの中でも、隠れた名曲が収録されているという事ですね。特に「The Fool On The Hill」、「I Am The Walrus」、「Honey Pie」、「Martha My Dear」などは、マニアでなければ見落としがちな佳曲ですが、益田氏のソロギターで聴くと、ビートルズの素晴らしさが再認識されると思います。コード進行や、メロディの持って行き方、やはりビートルズは別格です。

「The Fool On The Hill」なんかは、歌詞まで調べ直しちゃいましたよ。当時の彼らのバックグラウンドなんかも知ると、思い入れもひとしおです。

このCDは、新しいレコーダも導入して、音質的にもかなりこだわって制作されたようです。古き良き時代の名曲を、最新の録音機材によるナイロン弦のソロギターで奏でてます。是非聴いてみてください!

こちらから購入できます。

関連記事

庄内小僧8月号に土門氏インタビュー掲載。

えー、そんな感じで先ほど見本誌届きました。 庄内小僧8月号「あな...

記事を読む

「地下鉄のギタリスト完全版」校了&収録曲。

えー、みなさま、お暑うございます。拙著「地下鉄のギタリスト完全版」も校...

記事を読む

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

記事を読む

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

記事を読む

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

記事を読む

新着記事

庄内小僧8月号に土門氏インタビュー掲載。

えー、そんな感じで先ほど見本誌届きました。 庄内小僧8月号「あな...

記事を読む

「地下鉄のギタリスト完全版」校了&収録曲。

えー、みなさま、お暑うございます。拙著「地下鉄のギタリスト完全版」も校...

記事を読む

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

記事を読む

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

記事を読む

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

庄内小僧8月号に土門氏インタビュー掲載。

えー、そんな感じで先ほど見本誌届きました。 庄内小僧8月号「あな...

「地下鉄のギタリスト完全版」校了&収録曲。

えー、みなさま、お暑うございます。拙著「地下鉄のギタリスト完全版」も校...

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

→もっと見る

PAGE TOP ↑