*

掘り出し物!Gibson J-45 Ebony Black 2000

えー、意外に安かった Gibson J-45 です。2011年の12月に新宿のイシバシ楽器で買いました。
Gibson J-45 2000
ま、中古ですけど、2000年製ですから、もう13年も経ってるわけです。トップにクラッキングも入ってきてますし、ピックガードの白も黄ばんでます(ピックガード上のGibsonの文字はほとんど消えてます)。サウンドホールのエッジは激しいストロークのせいかかなり削れてますね。そんなボロいの良く買ったねーと言うかもしれませんが、Gibsonはボロいのがかっこいいんです。目に入った瞬間「これだっ!」と思いました。値段は確か12万円でした。それにポイントカードのポイント使ったら11万5千円くらいでしたから、これは買いでしょう。おまけにPU付きです。お買い得だったと思います。

J-45のEbony Blackは、斉藤和義さんが使ってから人気が出たように思えますが、マニアの中では昔から羨望の的でした。なにせ本物は60年代後半の数年しか作られてないんです。カスタムカラーのEbony Black、ビス止めピックガード、高さが調整可能なアジャスタブル・ブリッジ、スリムネック、白ボタンペグ、ここら辺が特徴ですかね。

で、私のJ-45ですが、リイシュー(復刻版)なのですが、何故か1963年モデルなんですよね。なので、ブリッジはノーマル、ネックは太いとは言えませんが、少なくともスリムではないですね。まあ普通です。本物の60年代後半のモデルは、アジャスタブル・ブリッジでかなりのスリムネックのため、音がジャキジャキな傾向があるんです。いや、本物なんでそれはそれで良いんですが、使い勝手を考えると、ノーマルブリッジの方が音的に太いし、ネックも普通のほうが弾きやすいです。なのでリイシューではこうした仕様にしたんだと思います。

Live in Tube
Live in Tube

posted with amazlet at 14.03.17
土門秀明
NEW VINTAGE RECORDS (2012-01-25)
売り上げランキング: 9,403

さて、特筆すべきはピックガードです。現在このモデルの復刻版は何種類も出てますが、私の見た限り全部ピックガードがビス止めではないんです。おそらく現在の技術では、わざわざトップ板に穴あけてビス止めするなんてリスク犯さなくても、接着剤で奇麗に張り付けられるんでしょう。

しかし、私のを見てください。復刻版でありながら、しっかりとビス止めです。
DSCF4549
やっぱりJ-45の黒はビス止めピックガードでしょう。おそらくこれはPUから察するに、大阪の三木楽器さんの別注モデルではないかと思われます。または、このモデルにしては初期の復刻版なので、Gibsonが忠実に再現した可能性もあります。買った人がわざわざビス止めに改造するとは思えません。

さて次にピックアップです。「OVAL」のマグネット型パッシブタイプが設置されてます。これは大阪の三木楽器さんが販売してるもので、私のはかなり前の機種ですが、今でも人気があるPUのようです。電池がいらないパッシブタイプですが、音はいたって普通、特に問題もありません。わざわざ電池を入れなければ音が出ないアクティブタイプPUって何なんだよ?って感じです。
DSCF4555
ボディ内部に設置してあるプリアンプ部です。
DSCF4559
トーンとかレベルをドライバーで調整します。回すのにちっこいドライバーが必要ですが、卓やアンプでもイコライジングできるので、特にいじることもありません。買った時のままです。

ヘッド部です。やっぱギブソンはかっこいいですね。
DSCF4552
最後に生音で撮った動画を紹介します。私感になりますが、生音は、深みのある低音、ギブソンらしい泥臭い中音、意外に煌びやかで伸びのある高音、といった感じで、フィンガーでも十分いけます。買った時に、現行の同じようなモデルと弾き比べたのですが、あきらかに音が違いました。調整も結構追い込んでいて弾きやすかったです。2006年以前の山野楽器が輸入していた頃のギブソンは質が良いという都市伝説は本当のようです。

演奏は、YouTubeでビートルズを弾かせたら世界一peacejoytown益田氏

While Solo Guitar Beatly Weeps (ホワイルソロギタービートリーウィープス)
益田洋(peacejoytown) 南澤大介(Daisuke Minamizawa) 浜田隆史(Takashi Hamada) yuta tanaka 城直樹(Naoki Jo) 谷本光(Hikaru Tanimoto) 土門秀明(Hideaki Domon) 告井延隆(Nobutaka Tsugei) AKI 垂石雅俊(Masatoshi Taruishi)
Solo Guitar Records (2015-04-10)
売り上げランキング: 330

2013/04/19 | ギター紹介

関連記事

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

自作?! テレバーガー。

えー、以前、テレッチとか、テレVとか紹介しましたが、今回は、これです。...

記事を読む

てれっち(Teletsch )です!

えー、ということで、ねづっち、ではなく、てれっちです(笑)。 ...

記事を読む

これは可愛い! Tapa Market by Jersey Girl Homemade Guitars

えー、このブランドは知りませんでしたね。1991年に立ち上げみたいなの...

記事を読む

新着記事

4月前半スケジュール。

えー、そういうことで、三鷹や乃家「孤高のBGMニスト」4月前半スケジュ...

記事を読む

3月後半スケジュール。

えー、そういうことで、酒田凱旋ライブとか行ってたんで、3月後半「孤高の...

記事を読む

故郷凱旋! 酒田持地院さんで『地下鉄のギタリスト・土門秀明スプリングコンサート』終了。

えー、そういうことで、強行スケジュールだった酒田でのコンサートも終わっ...

記事を読む

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

4月前半スケジュール。

えー、そういうことで、三鷹や乃家「孤高のBGMニスト」4月前半スケジュ...

3月後半スケジュール。

えー、そういうことで、酒田凱旋ライブとか行ってたんで、3月後半「孤高の...

故郷凱旋! 酒田持地院さんで『地下鉄のギタリスト・土門秀明スプリングコンサート』終了。

えー、そういうことで、強行スケジュールだった酒田でのコンサートも終わっ...

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

→もっと見る

PAGE TOP ↑