*

「読まずに死ねるかっ!(書籍紹介)」 一覧

殉愛 百田尚樹著。

えー、話題の本ですね。今どこの本屋行っても1位なんじゃないですか。 かなり酷評というか、問題視されてますんで、発禁される前に買ってみました。私は、結構すんなりと最後まで読めましたよ。「百田尚...

続きを見る

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え。

えー、ちょっと前から話題の本ですが、やっと図書館の予約が回ってきました。 さすがベストセラーになるだけのことがありますね。内容も独創的だし、筆力もあるので、一気に興味深く読めます。 ...

続きを見る

「見えなくなったら、希望が見えた」 穴澤 雄介 (著)  

えー、全盲のバイオリニストさんの本ですが、かなり私と考え方似てますね。 2、3抜粋しますと、 ・不利な条件のほうがアイデアは生まれる。 ・「周りと違う人」を目指せば、人生は有利に変わ...

続きを見る

ショーケン  萩原 健一 (著) 。

えー、高校生の頃、ショーケンのコピーバンドやってたんで、とても面白く読めました。 もっと適当な人かと思ってましたが、芝居や音楽に精通してるのは意外でした。ところどころで出てくる沢田研二の...

続きを見る

「星の王子さま」 サン=テグジュペリ (著) 河野 万里子 (翻訳)

えー、最近新訳が話題になってるようですが、とりあえず原本読んどかないとあれなんで、読んでみました。 いやー、児童文学みたいなもんかと思ってましたけど、完全に大人向けですね、これ。著者のサン=...

続きを見る

「もっと あの世に聞いた、この世の仕組み」  雲 黒斎

えー、こういう系の本いっぱい読んでますけどね。これはわかりやすいですよ。 2、3記憶に残った節を紹介します。 「般若心経」では「不生不死」と語られている。生まれないから、死ぬことも...

続きを見る

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

えー、今話題の「アドラー心理学」ですが、巷ではこちらの本が売れているみたいですね。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with amazlet at 1...

続きを見る

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

えー、15万部も売れてます。 やっぱ、食べ物大事ですね。いくら好きな物食って死ねたらいいじゃんなんて思っていても、末期ガンで苦しんで死ぬのはいやですよ。健康で楽しく生きて、眠るように逝き...

続きを見る

「人生の大則」 この世に絶対不変の真理はあるだろうか――

えー、この本は『致知』編集長の著者が、35年余に及ぶ膨大な取材を通じて得た“人生を成功に導くための10篇”を綴ったものです。 字も大きいし、70ページくらいしかないので、小一時間で読めました...

続きを見る

『魂の法則』ヴィンセント・ギリェム著。

えー、なんか私がいかがわしい本ばっか紹介するって言う人もいますがね。いいじゃないですか別に、好きでやってんですから(笑)。 で、これです。 ご存知のように、私いろんな本読んでますけどね...

続きを見る

4月前半スケジュール。

えー、そういうことで、三鷹や乃家「孤高のBGMニスト」4月前半スケジュ...

3月後半スケジュール。

えー、そういうことで、酒田凱旋ライブとか行ってたんで、3月後半「孤高の...

故郷凱旋! 酒田持地院さんで『地下鉄のギタリスト・土門秀明スプリングコンサート』終了。

えー、そういうことで、強行スケジュールだった酒田でのコンサートも終わっ...

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

→もっと見る

PAGE TOP ↑