*

これも功徳かっ!?「MORALES B.M.」

えー、4月16日に、酒田の「洞瀧山總光寺」でライブやることになったんですがね。本日、音出しチェック等に行ってきました(何故か母も真剣に聴いてます)。
Sokoji

で、それはいいんですが、主催者の方からギターを頂きました。

MORALES B.M.
P1020121
お、これはジャパンビンテージと呼ばれているモラレスじゃあ〜りませんかっ!? 
Martin D-28 ヘリンボーンタイプです。

ヘッドのインレイが独特です。なんか仏教的?
P1020122

ポジションマークは、貝のスノーフレイクですね。
P1020123

ラベルは、ありませんが、焼き印がありました。
P1020130
「MORALES B.M.」とだけあります。型番とかはありません。ブレイシングには、端材でしょうけど、いい木使ってます。

ブリッジも黒くていい材使ってそうです。
P1020131

ボリュートも付いてますね。
P1020132

表板も単板だし、ペグも良い物が付いてますね。ネックの握りもいい感じだし、音も太く鳴っています。結構上物のギターかもしれません。ジャパンビンテージ専門家の浜田さん鑑定してくれませんかね。

いやー、これも功徳でしょうか。

While Solo Guitar Beatly Weeps (ホワイルソロギタービートリーウィープス)
益田洋(peacejoytown) 南澤大介(Daisuke Minamizawa) 浜田隆史(Takashi Hamada) yuta tanaka 城直樹(Naoki Jo) 谷本光(Hikaru Tanimoto) 土門秀明(Hideaki Domon) 告井延隆(Nobutaka Tsugei) AKI 垂石雅俊(Masatoshi Taruishi)
Solo Guitar Records (2015-04-10)
売り上げランキング: 4,762

関連記事

よくぞ残ってた!ARIA PRO II ORIGINAL CUSTOM BODY。

えー、何て型番か覚えてないですけど、ありましたねこれ。 ...

記事を読む

まだ見た事がないグレコのギター発見!

えー、最近レアギターもあんまり見つからなかったんですが、久々に来ました...

記事を読む

My Guitars ページ。

えー、お暑うございます(汗)。 ということで、暇なので最近入手し...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

新着記事

よくぞ残ってた!ARIA PRO II ORIGINAL CUSTOM BODY。

えー、何て型番か覚えてないですけど、ありましたねこれ。 ...

記事を読む

前代未聞の奇作!? 「Live in 蕎麦屋」

えー、そういうことで、土門氏の新作が10月に、ジャズ&クラシック専門レ...

記事を読む

感無量! 酒田凱旋ライブ、ラストは万感あふれる想いで「ふるさと」熱演。

えー、ということで、無事というか、何と言うか、地元酒田で行われた『キウ...

記事を読む

まさに地元! キウリ天王祭(八雲神社)「星空の音楽会」に出演。

えー、しかし子供の頃によく遊んでいた近所の神社で演奏する事になるとは…...

記事を読む

My Favorite Things -Fingerstyle Guitar-

えー、今朝帰省したんですが、やらなければならん事山積みでありながら、文...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

よくぞ残ってた!ARIA PRO II ORIGINAL CUSTOM BODY。

えー、何て型番か覚えてないですけど、ありましたねこれ。 ...

前代未聞の奇作!? 「Live in 蕎麦屋」

えー、そういうことで、土門氏の新作が10月に、ジャズ&クラシック専門レ...

感無量! 酒田凱旋ライブ、ラストは万感あふれる想いで「ふるさと」熱演。

えー、ということで、無事というか、何と言うか、地元酒田で行われた『キウ...

まさに地元! キウリ天王祭(八雲神社)「星空の音楽会」に出演。

えー、しかし子供の頃によく遊んでいた近所の神社で演奏する事になるとは…...

My Favorite Things -Fingerstyle Guitar-

えー、今朝帰省したんですが、やらなければならん事山積みでありながら、文...

→もっと見る

PAGE TOP ↑