夢が現実に… 「Live in Tube」誕生秘話。 | 「Live in Tube」誕生秘話 | 地下鉄のギタリスト 復活編 〜ギターその愛〜

*

夢が現実に… 「Live in Tube」誕生秘話。

えー、秘話でも何でもないんですが、実は、「Live in Tube」誕生には、知られざる逸話があります。

2006年に、「地下鉄のギタリスト Busking in London」というエッセイ本を、水曜社から出版したことは、ご存知の方も多いと思います。このブログの読者でしたら、持っている方もいるかもしれません。

51Y-RnYfruL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

その23ページ、2005年4月17日(月)の日記の最後に、こう書かれてます。

「…将来、『ライブ・イン・トッテナムコートロード駅ピッチ1』なんてアルバムを出したいなあ。」

DSCF5562

私も、書いた事忘れてましたが(笑)、7年後、これが現実のものとなります。

そう、2011年に録音され、2012年1月に発売された、世界初ロンドン地下鉄構内デジタルライブレコーディングによる、「Live in Tube」です。

Live in Tube
Live in Tube

posted with amazlet at 14.01.31
土門秀明
NEW VINTAGE RECORDS (2012-01-25)
売り上げランキング: 1,543

その奇跡の過程は、出版元 NEW VINTAGE RECORDS レーベルオーナーのブログに「奇作 土門秀明『Live in Tube 』制作裏話」として掲載されてます。

録音は、バリエーションをつけるために十数カ所の駅で行われました。

そして、おりしも、1曲目に収録されていたのが…

「トッテナムコートロード駅ピッチ1」で録音された、ビートルズの「Here, There and Everywhere」だったのです! もちろん、私が決めたわけではありません。

アルバムタイトルも、「Live in Tottenham Court Road pitch1」が、「Live in Tube」と、ほとんど一緒。

ちょっとゾッとしませんか?

信じるか、信じないかは、あなた次第っ!(笑)。

関連記事

新着記事

庄内小僧8月号に土門氏インタビュー掲載。

えー、そんな感じで先ほど見本誌届きました。 庄内小僧8月号「あな...

記事を読む

「地下鉄のギタリスト完全版」校了&収録曲。

えー、みなさま、お暑うございます。拙著「地下鉄のギタリスト完全版」も校...

記事を読む

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

記事を読む

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

記事を読む

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

庄内小僧8月号に土門氏インタビュー掲載。

えー、そんな感じで先ほど見本誌届きました。 庄内小僧8月号「あな...

「地下鉄のギタリスト完全版」校了&収録曲。

えー、みなさま、お暑うございます。拙著「地下鉄のギタリスト完全版」も校...

ある意味超レアな、グレコSA-700 1979年製。

えー、久々の私物ですが、微妙にレアです。 Greco SA-70...

三鷹十割蕎麦「や乃家」生BGM 7月後半。

えー、7月後半スケジュールです。 14(土)、18(水)は、貸し...

ピンクペイズリーのジャズマスター!

えー、フェンジャパですが、ピンクペイズリーのジャズマスターは、初めて見...

→もっと見る

PAGE TOP ↑