*

知られざる真実 長文注意。

えー、このブログの読者さんで、何故私がこれほどまでにギターに情熱的なのか、気になってる方がいるかもしれません。

英語も、通貨さえもわからず単身イギリスに渡って日々バスキングしたり、いきなり日記を書き始め「地下鉄のギタリスト」なる本を出版したり、ロンドン地下鉄ライブ録音による「Live in Tube」というCDをリリースしたり、最近では、定職も無いのに毎日狂ったようにヤフオクをチェックしている。尋常な人間とは思えませんよね。

しかし、これにはちゃんとした理由があるのです。

この件に関しては、メールマガジン「魂のバスキング」、「地下鉄ギタリスト Busking in London」、お悩み相談「バスカー土門の悩んだ時は、これを聴け!」、「地下鉄のギタリスト 激闘編」、そしてこのブログ「地下鉄のギタリスト 復活編」でも触れてませんでした。

個人的に親しい人や、ネタ的にちょろっと話した事はあるんですがね。文章にするのは初めてなんで、興味のある人は読んでやってください。全部真実ですから結構面白いかもしれません。

では、始めます。

 

子供の頃からなんですよ、ギター好きは…

小学生の頃から、誰に影響うけた訳でもないのに、興味を持ってました。これといったアーティストも知らなかったので、いきなりオリジナルとか作って弾き語りしてました。

その後、中学、高校と、いわゆるギター少年でバンドとか組んでいたんですが、今振り返っても、異常なほど練習してましたね。高校の時は、部活のインターハイとバンドのコンテストが被って、バレーボールの試合を途中で抜け出して、ちゃりんこでコンテストに駆けつけて優勝した事を覚えてます。それもバレーのユニフォームのままステージに登場です(笑)。

domon33
写真、土門氏高校2年生、酒田市民会館大ホールでのコンサート、指の位置から「レイニーウェイ by 矢沢永吉」のソロを弾いていると思われる。

その後は、上京し、ひょんな事から、バブルガムブラザーズのローディーに誘われ、のちにギターも弾く事になります。バックバンドやめてからもギター熱は収まらず、100本以上収集し、2002年に渡英、2003年からは、ご存知のようにロンドンで、ほぼ100%ギター三昧の生活でした。

拙著「地下鉄のギタリスト Busking in London」を読まれた、ある大学教授からも言われたんです。「何故この人はここまでギターに執着してるんだ? この情熱の源は何なんだ?」って。まあ、この大学教授じゃなくても、実家の母などは、「身内に音楽家がいるわけでもないし、家族の誰もが楽器なんか弾けないのに、なんでこの子は、こんなにギター馬鹿なんだろう?」と、いつも嘆いていました(笑)。

さてここからが、その種明かしです。

私の父は、私が中学1年生の時に他界してるんですが、実は父は幼い頃、土門家に養子に来たのでした。その後母と結婚して私が生まれたわけで、実際に私が住んでいた土門家のおじいちゃん、おばあちゃんと私は、血がつながってない事になります。わかりますかね?

子供の頃、酒田の実家で私がおじいちゃん、おばあちゃんだと思ってた方々は、血縁上は他人だったというわけです。

で、3年前に、父の最後の法要があって、ついでに母が仏壇の中を何十年ぶり、というか、初めて整理したんだそうです。

その時に、引き出しの奥からある人物の写真を発見しました。

その写真は白黒、というかセピアに色あせた、かなり古い写真でした。写真の裏には、名前らしきものが書いてありましたが、過去に会った事がある人でもないし、誰なのかなあと見ていると、あることに気がつきました。面影が私の父に何処となく似ていたのです。

そして、母は親戚の人に問い合わせてみたりして、その人物が誰であるか突き止めました。

そう、その方は、私の死んだ父の事実上の父、つまり、私の本当のおじいちゃんだったのです。

 

その後、帰省した時にその写真を見せてもらいました。

撮られたのは、おそらく大正か昭和初期だと思います。その時代に正装というか、きちっとした背広姿でその方、私の実のおじいちゃんは写っておられました。

 

 

 

しっかりと「ギター」を携えて…

 

追伸
写真のおじいちゃんは、20代前半で亡くなったそうです。その為、子供であった私のお父さんは、養子に出されたようです。

母は、これでやっと私のギター馬鹿が納得できたと言っていました。おじいちゃんが十分弾けなかった分、現在、私が代わりに、いろんな国や、いろんな場所で弾かせてもらってるのかもしれません。

関連記事

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

記事を読む

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

新着記事

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

記事を読む

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. 沁みます・・・ズンと来る話ですね。

  2. 「事実は小説よりも奇なり」ですね。




管理人にのみ公開されます

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

→もっと見る

PAGE TOP ↑