*

本日は、戊辰戦争「清川口の戦い」を巡るツアー。

えー、キャンセル待ちでしたけど、結局参加できました。というか、先月清川口で動画撮ってるし、なんか引き寄せられましたね。

朝9時30分集合、あまり暑くもなくいい感じの天気です。まずは、芭蕉上陸の地で、松尾芭蕉さんにご挨拶。参加者の平均年齢は結構高いですね。昨今の幕末ブームで、もう少し若い人が来るかと思ってましたが、意外に私が最年少かもしれません(笑)。

実際に合戦があった御殿林。前情報では、銃撃戦の弾痕などが残ってるという事だったのですが、実際は、植林が2代目だか3代目だかで痕は無いそうです。

何故か、正岡子規の句?もあります。

CD付【完全版】地下鉄のギタリスト―Busking in London
土門 秀明
アルファベータブックス
売り上げランキング: 3,210

おっと、ここで清河八郎先生登場です。

清河八郎記念館の館長じきじきによる講義。かなり張り切っています。

そして清河八郎生家の跡ですが、完全に何もありません。何も無いけど見学する皆さん(涙)。

今回一番見てみたかった北楯大堰。簡単に言うと庄内平野の田んぼに水を送っているデカい用水路。チラシの写真よりかなり地味でした。

歓喜寺です。清河八郎は東京で暗殺されたのですが、墓は母の切なる願いによって、生まれ故郷の清川に分配だか移動されたそうです。

最後は、敵であった官軍の墓です。地元の人は、敵味方関係無く、手厚く葬ったそうです。

当時17才と18才、2人の少年の墓らしいです。

そして、お昼は、地元有志による、庄内産、打ちたて、茹でたての蕎麦が出ました!

おかわりもたっぷりあって、薬味や山菜も新鮮。やはり産地で食べると美味しいですね。

これで、ガイド料込みの1500円! ちょくちょくイベントやってるようなので、県外の皆さんも是非参加してみてください!

庄内町観光協会のFacebookページは、こちら

Live in Tube2
Live in Tube2

posted with amazlet at 18.06.23
土門秀明(Hideaki Domon)
Solo Guitar Records (2015-08-30)
売り上げランキング: 7,255

2018/06/23 | ブログ

関連記事

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

記事を読む

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

新着記事

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

記事を読む

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

記事を読む

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

記事を読む

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

記事を読む

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

3月前半スケジュール。

えー、3月前半は、こんな感じです。 孤高のBGMニスト。 ...

優美音響製! Seymour Duncan Stratocaster Type。

えー、知ってる人は知っている、ESPが代理店をする前の優美音響製、初期...

心震わす、禅とギターの融合、酒田の巨大仏像のある寺院でライブ。

えー、ということでいきなりですが、酒田大仏のある「良茂山 持地院」でラ...

2月後半スケジュール。

えー、こんな感じです。 三鷹や乃家ソロギター生BGM。 ...

稀少! MUSIC MAN Sting Ray I 。

えー、Sabre II は、ちょこちょこ見るんですけど、Sting R...

→もっと見る

PAGE TOP ↑